婚活成功率を高めるメールテクニック

ウエディング

結婚相談所を利用する上で必ずと言ってよい程交換されるのが『メール』です。
会う前に事前に相手のことがわかるメリットや、全く知らない相手と会うという怖さにワンクッション置いてくれる重要な役割となっているのは周知の事実でしょう。

しかし、逆を言えばあなたがどんなに良い人であったとしても、メールの内容が良くなければそれだけで出会える相手から逃げられてしまう可能性もあります。
一通のメールのやり取りこそ、婚活を成功させる秘訣の一つであるのです。

相手のことを聞きすぎるのはNG、自分のアピールも程々に

最初の一歩は長すぎず短すぎず、シンプルな文章でOK

◎はじめてのメールの書き出しってみんなどんな感じで書いてる?
俺は趣味や価値観に近いものを感じたのでメールした
書くことが多いが...というかプロフィールだけの情報ではそれぐらいしか書くことできん。

◎価値観というキーワードは出すのはNG
趣味や好きな物をとっかかりに出すのが普通じゃないかな?

◎○○がお好きとのことですが、自分も○○が好きで、最近では...
△△さんは、どのような○○がお好みですか?
みたいにさらっと重なる部分をアピールしつつ、返事を出しやすいようにネタ振りをして。

◎...楽しくメールできたらうれしく思いますが、
いかがでしょうか?お返事いただけたらうれしく思います。
そんな感じでシメめている。

◎長すぎず短すぎず、シンプルで真面目でいながらも楽しそうな雰囲気を出せばOK。

婚活メールでやってはいけないこと

◆ファーストメールどん引き集
・明らかなテンプレート文。相手のプロフィールには一行も触れず。そして誰かと間違えたりする。
・相手のプロフィールにある希望(年齢、地域)などを全く無視して、絨毯攻撃丸見え。
・初めてのメールなのに「あなたと結婚したら...」などいきなりドリーム炸裂。
・いきなりタメ口。顔文字満載。語尾に「...」または「~」多用。
・プロフィールを見れば分かるのに、自分語り乙!と言いたくなるほど自己紹介が長い。
・響子さんからの伝言で自分の言葉で伝えようとしない。
・ファーストメール自体は変ではないが、プロフィールに世間一般と掛け離れた異常な箇所がある。

◆絨毯爆撃
ある地域に絨毯を敷きつめるように、すきまなく一面に爆撃すること。
相手のプロフィールも読まずメールを見境無く送ること。

◆ステルス会員
プロフィール非公開で活動している。新入会員にはすぐさま突撃。
メールを交換している人には「今募集してないので、、」と言いつつ新たな攻撃目標を探している。
レーダー(検索)に引っ掛からないので活動状況は不明

◆モテバブル
登録直後のたくさんの受信メールにより、自分はモテると錯覚する時期、これは男女を問わず存在するが、しかし儚い夢。
現実の世界でモテないヤツは結局売れ残る。

メールでの婚活が得意な人はエキサイト恋愛結婚がおすすめです。

このページを見た人はこんなページも見ています